採用支援システムの探し方と相場

企業が新たに人材を採用する場合には、新卒者を対象とすることもあれば中途採用を行うこともあります。またアルバイトやパートなど非正規の社員を登用する場合も存在します。どのような人材を募集するかで対応の方法も異なりますが、多くの企業では採用支援システムを活用しています。より効率的に優秀な人材を採用するためには適切に応募者の管理を行うことが重要です。ごく少数の求人を募集する場合であれば、企業の人事担当者も応募者の把握を容易にできます。一方新卒者を対象として多くの人材を採用したり1年を通して中途採用を募集する場合には、応募者の人数も膨大な数になることがあります。そのため応募者の管理を支援するシステムの導入が不可欠です。一般的にはクラウドサービスによって様々な応募者の管理を支援するシステムが提供されており、多数の企業で導入されています。

人材採用を効率的に行うために必要なシステム

多数の企業によって導入されている採用支援システムには、求人への応募者を管理するための様々な機能が存在します。膨大な応募情報の管理や選考の進捗状況の管理などは人事担当者にとって大きな負担でしたが、システムの導入により大幅に軽減することにつながります。具体的な機能としては求人票の作成や応募対応、選考の進捗状況の管理、選考後のフォローなどを一元的に行うことができます。また企業がシステムを導入することで可能となるのは、業務の効率化だけではありません。情報の蓄積は今後の人事戦略の策定に役立つことになります。企業が多数の人材を新たに採用する場合には、採用支援システムを導入することが求められます。特に中途採用を行う場合には、通年で多数の応募者に対応しなければなりません。採用業務を効率化することで、限られた人的資源を有効活用し生産性を向上させることができます。

採用を支援するシステムの探し方と必要な費用

多数の企業に使用される採用支援システムには様々な種類が存在します。それぞれ特徴が異なりますが、求人票の作成から選考後のフォローまでを一元的に管理できるという点では同様です。また一般的にシステムはクラウドサービスとして提供されています。企業がシステムを利用するために必要とされるのは、クラウドサービスにアクセスすることができる環境とサービス提供者に支払う利用料です。インターネットで検索することで、採用支援のためのシステムを提供している多数の企業を探すことができます。システムを利用するために必用な費用は、サービスを提供する企業によって様々です。月別に契約する場合もあれば、3か月や1年のような期間で契約する場合もあります。またサービスが無料で提供されている場合も存在します。

管理画面では、自社採用ホームページからの応募者だけでなく、求人媒体からの応募者も一元管理できますので、対応工数削減以外にも求人媒体効果の可視化・適正化にもつなげられます。 アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」。 自社採用サイトの応募者数増!人材採用コストを低減!優良人材の定着率アップへ 採用支援システムの見直しは【リクオプ】をご検討ください