採用支援システムの使い方と種類

採用支援システムは、人事担当者が採用業務を効率的に行えるよう支援するもので、様々な機能を備えています。採用の進捗状況を管理することで、適時かつ適切に応募者に働きかける事が出来ます。また、企業採用の活動としては、新卒採用に加えて、中途採用やパート・アルバイト採用もあります。特に中途採用の場合は、募集職種に合わせた採用戦略と迅速な選考が、成功のカギになると言えます。しかしながら、中途採用では募集職種が多くなる程、事務処理や連絡業務が増大します。その為、多くの企業が採用業務に翻弄して、選考遅延や連絡ミスを起こす傾向になっています。ビジネス環境の急激な変化に対応するには、優秀な人材確保が必要不可欠です。それ故、高度な採用マーケティングが求められる現代社会では、採用管理システムの果たす役割が大きくなっていると言えます。

応募ルートの一元化で進捗状況を管理

採用支援システムには、募集職種に応じた進捗管理機能が備わっており、応募ルートを一元化出来ます。それによって、選考管の負担を軽減することが出来、個々人の応募者の情報を詳細に精査することに繋がります。また、採用担当者間でタイムリーな情報共有ができるので、部門同士の意志の疎通が迅速になります。人事部門と選考管が密接な連携を保つことが、優秀な人材確保に不可欠だと言えます。採用支援システムには、集団形成機能を搭載したものがあり、顧客サイトのブランドイメージをダイレクトに応募者に提示することが可能です。専用サイト上に簡単に求人情報を掲載することが出来るので、自社のHPの更新の手間が省けます。また、応募者にダイレクトにアクセスできるので、採用に関する最新情報を届けられるわけです。サイト上への募集概要に関しては、管理画面から何時でも簡単に編集ができるようになっています。

人材紹介会社との連携で機会損失を回避

採用支援システムによっては、大手求人サイトと連携しているものもあります。ネット検索人口の増加を見据えた、様々な機能が盛り込まれおり、幅広い応募者層に求人情報を開示することが出来ます。特に採用が難しい技術職等の場合、母集団形成のための人材紹介機能が有効となっています。人材紹介会社のサイトと顧客企業の採用画面を繋ぐことで、SE等の専門職へのアクセスが格段に良くなることになります。その他、一斉メール配信機能が備わっているので、最新の採用情報をリアルタイムで届けらます。人材紹介会社の担当者の負担を軽減することで、優先的に人材が紹介されるよう図られるわけです。中途採用の一元管理では、紹介会社をはじめとする連携が図られ、Web媒体やメディア媒体等求人チャンネルが幅広く確保できます。それによって、求める人材と出会う機会損失を回避でき、採用の効率化に繋がるわけです。