採用支援システム導入の特徴と効果

採用支援システムを導入することで、人材採用を効率よく行えるようになります。求人募集に対する数多くの問い合わせへの対応や、情報の一元化をすることができます。この支援システムは煩雑になる人事担当の業務負担を減らすことを目的としています。それと同時に求める能力を持つ人材を選別し、確実に確保できるようにするために活用できます。また応募者との連絡を確実に行うための情報管理も行うことで、連絡ミスや優秀な人材の取りこぼしがなくなります。また採用する部署間での情報共有も可能となりますし、正社員やアルバイトなど、それぞれに求めるスキルや条件を正確に把握することも可能とします。さらにアルバイトとして採用した人材を将来正社員に登用することを前提とする場合など、細かな情報を的確に管理しておくことができます。

支援システムの主な特徴について

採用支援システムは企業の人材採用活動の負担を減らす目的を持っています。人材を採用する上で様々な業務が発生します。採用する人材の基準作りから応募者の情報分析と管理、連絡の取り方や連絡事項の経緯など多くの情報を扱います。その中で重要な情報が的確に扱われるように、管理するシステムが必要というわけです。さらに実際に採用した人材がその後、どのような活躍をしているのかを調査することも行います。その結果、その分析結果をフィードバックして次の採用基準に反映させることができます。つまり、優秀な人材を確保するための条件の精度をより高めることができるというわけです。このような作業までは一般の人事では手が回らないものです。それを支援する役割を持つという特徴を持っています。

採用支援システムを導入するメリットについて

人材の採用を支援するシステムを導入することによって、まず企業の人事担当の負担を大幅に減らすことができます。さらに雇用形態の違いによる採用基準の違いを明確に分けることで、必要な人材を無駄なく的確に確保できるようになります。例えばアルバイトの場合には、基本的に即戦力となることやシフト対応できる人を選ぶことになります。けれども企業によっては、そこから正社員へと登用するケースもあります。その場合には潜在能力に関する調査も行う必要があります。その確認のための質問事項などを明確にすることも、支援システムを活用することによって可能となります。つまり、採用した人材がどのように活躍しているのかを分析することで、求める人材像のスキルを明確にすることができるようになるわけです。